男が脱毛サロンに行った効果

男と美容は無関係。そんな昭和マインドを持っていましたが、もう男性向けの美容サービスなんて当たり前の時代ですよね。なかでも、周りでやっている人がけっこういるなと思ったのが脱毛です。自分も1年半以上通ってみた効果をお伝えします。※効果には個人差があります、を前提にご覧ください。

体感の脱毛率は3%くらい

ありのままをフラットな気持ちで書くつもりですが、おそらく脱毛サロン側からしたら不名誉かもしれないので店名は伏せておきます(笑)が、広告もバンバン出されている大手なのでどなたも名前は聞いたことがあると思います。

2019年の夏頃から通い始めたので1年半以上通ってることになります。自分がやってもらったのはヒゲ部位です。他には手足やVIOコースもありますが、今回はヒゲだけです。そもそもの体毛の濃さは中の中くらいだと思います、自分調べですが。

初来店の際に回数のコースを選びます。1回コース、3回コース、6回コースがあって、どの程度で効果があるかわからなかったので間をとって3回にしようと思いました。すると案内してくれていたコンシェルジュの方が「しっかりした効果を求めるなら6回、お客様みなさん大体6回コースです」と教えてくれたので結局6回にしました。

1回の時間は15分くらい。レーザー脱毛というやつで、毛にだけ反応する特殊なレーザーを照射して脱毛していくものです。あとで書きますが、けっこう痛い!レーザーの熱で毛根を破壊していくので多少の痛みを伴うことは事前に説明されてましたし覚悟していましたが……みなさんすごい。

気になる効果ですが、3%くらいかと思います。ヒゲが生える部分全体の面積を100%とした時、脱毛によって生えてこなくなった面積が3%。鏡をよく見ると3mm四方くらいの毛が生えてこなそうなエリアがいくつかできています。正直なところ、1年半前の写真と比べたらどっちがどっちかわからないかもしれません(笑)まあこんなもんなんでしょうか。個人差もかなりあると思うのでよくわかりません。

コース設計がちょっと謎

6回で1年半以上もかかるのか?と思った方はカンが良いですね。実は12回通いました!レーザー脱毛は1回ごとに1、2ヶ月期間を空ける必要があります。回数は少なくてもけっこう時間がかかるんですね。↑で3%くらいと書いたのは12回の結果です。なので6回が終わった時点ではもはや何が変わったのか理解できず(笑)驚いたのは、終わった際にお店の方に「6回だと効果がわかりにくいかもしれませんねえ〜」と言われたこと。

6回がデフォルトで用意されたマキシマムコースのはず。6回だと効果が出づらい、確信犯でも言っちゃいけないやつです!それじゃ1回、3回コースは誰が使うんでしょうか(笑)長年通い詰めた常連中の常連さんが最後の1本を片付けるために利用するのかもしれません。

そこまでのモチベーションも予算もなかった自分は6回で終わろうとしました。すると6回の利用で貯まったお店のポイントやらなんやらで、もう6回が今度は半額以下で受けられるというじゃないですか。これはノるしかないですね!ということで無事に追加で6回コースに入ることになったのでした。

想像を絶する激痛

12回通ったわけですが、施術してくれるスタッフさんは担当制ではなく指名もできないので毎回別の方でした。そして毎回サービスが異なるのが印象的でした。細かいことですが、施術前に注意事項を口頭で伝えてくれる方がいれば、「これ読んどいてください」という方もいる。レーザー照射の際に上半身だけ専用の服に着替えてくださいと言われたり言われなかったり。お客さんにより良いサービスを、とスタッフさん同士が切磋琢磨しているのかもしれないですね。

レーザーの出力もスタッフさんが変えられます。お客さんによって痛みの感じ方が違うし、同じ人でもその日の肌の状態で感じ方が変わるので、それに対応しているそうです。あれは自分が7回目か8回目に通った時だったかと思います。レーザー照射を受けた瞬間に頭の中が真っ白に。出撃早々に第5使徒ラミエルの加粒子砲をくらったシンジ君ばりにパニックになりました。

うわあああああああああああぁぁぁ!

実際は声も出ません(笑)全身に力が入り息も止まる。時間にして2秒程度だったとは思います。でも体感では10秒くらい。意識が飛びかけました、飛んでいたかもしれない。おそらく最大出力のレーザーだったのでしょう。

子どものころに歯の矯正をしていました。乳歯も含め何本も歯を抜くんですが、ペンチで引っこ抜く前に麻酔の注射を打つんです。それが痛いのなんのって。それから痛みには比較的強くなりました。図画工作の時間に誤って彫刻刀で自分の手をぶっ刺してしまった時も、野球部のホームランボールに直撃した時も、歯茎への注射に比べたら大したことはなかった。

それをこのレーザーは軽々と超えてきました。タバコの火って800℃あるそうじゃないですか。根性焼きというんでしたっけ。やったことはないですが、こんな感じなんだろうかと朦朧とする意識の中で考えていたのを覚えています。でもボーッとしてる場合じゃありません。そのままだと第2射がすぐに来ます。次撃たれたらアジャパーです。なんとしてもこれ以上の攻撃は阻止しなければなりません。最低限の声を発するための呼吸を整え、絞り出します。

「(人生で一番)痛いです……」

レーザーの光から目を守るためにアイシールドをしてるのでスタッフのおばちゃんの様子は見えませんが、少々困っている様子。

「……頑張れますかね?」

え?です。想定外すぎて思わず「……はい」と応えてしまいました。そうか、さっきの激痛はたまたまだったのかもしれません。そして第2射。

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

やっぱり痛い!痛いです出力下げられませんかとすかさず伝えます。返ってきたのは再び

「……頑張れますかね?」

頑張れない!頑張れない!2発も耐えられたのは不意打ち&何かの間違いだと思ってたからです。次も確実に同じのが来るのがわかってしまったらもう無理です。しかし何度痛いと伝えても「頑張れますかね」のワンパターン戦法。シンプルゆえに強力です。結局15分間耐え抜きました……。いや、実はもうあの時死んでしまってそのことに気づいていないのかもしれません。

長くなってしまいましたがまとめ。効果に個人差はあると思いますが、スベスベ肌は清潔な印象を与えます、オススメです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です